2018年2月22日木曜日

【西雄郡】亜熱帯気分味わう

松山で「スターフルーツ」収穫!


 松山市土居田町で造園業を営む永木功(いさお)さん(64)は、自宅横のハウスで亜熱帯フルーツ『スターフルーツ』を育てている。
2月上旬にかけて食べ頃を迎える。2㍍以上に育った樹には40個ほどの実がなり、親族や近所に配って“珍味”を楽しんでもらっている。

 スターフルーツは、その名の通り星型の果実だ。洋食では、輪切りにしてサラダに使われていることが多いという。

 永木さんは8年前、「実がなる植物はおもしろいけん、育てたい」と、沖縄県からスターフルーツの苗木を取り寄せ、ハウス内に地植えした。翌年、挿し木して鉢で育て、3年経った頃から収穫できるようになった。4月下旬から10月下旬はハウスの外に出し日光を当て、追肥や潅水、摘果をする。

永木さんは「甘酸っぱいけん、サラダに入れたらアクセントになっておいしい」と話す。

「今年はきれいにできた」とスターフルーツを手にする永木さん

2018年2月19日月曜日

【ごご島共撰部会】2L中心、750㌧出荷

市場も高評価のイヨカン!


 イヨカンの生産者で組織する、ごご島共撰部会は2月上旬、イヨカンの選果がピークを迎えている。

 松山市泊地区(興居島)の同JAごごしまセンターでは、日量最大8㌧を選果する。2Lサイズを中心に、奈良や大阪、名古屋の3県4市場に、3月上旬にかけて750㌧(前年比111㌫)を出荷する予定だ。

 同部は今年度、泊・鷲ヶ巣地区の62人が、40㌶でイヨカンを栽培。酸が低く食べやすいイヨカンに仕上がっている。品質が統一した高品質なイヨカンを出荷するため、生産者が庭先選別したものを、同センターのベテラン作業員が再度、病気や傷の有無などを目視で確認し、選別する。

同部会の中川保共撰長は「正品率が7割以上と高く、品質・味ともに良い。市場からも高評価を得ている。
後継者が3人増え、若い力とともに頑張っている」と自信を見せる。

イヨカンの傷の有無などを目視で確認し、選別するベテラン作業員

2018年2月16日金曜日

【南部】地域全体で意識向上

遊休農地を花で彩る!


景観の維持や、生活環境保全の取り組みの一環として遊休農地を活用し、地域を活気づけたい―松山市高井町の高井農地維持保全会が取り組む、白色の葉牡丹100個を使った「たかい」の花文字が地域の人の目を楽しませている。

4月上旬にかけてパンジーやチューリップが咲き誇る。今後は看板を立て、活動内容を紹介し、「見える化」を図っていく予定だ。

 同保全会は、会長の池水武光さんを筆頭に、農業者を中心に地域全体で組織する。国の多面的機能交付金を活用し、3年前から花を植え、昨年から花で文字を作り始めた。

 植栽する圃場はおよそ8㌃。「たかい」の文字が見えるように、車道側の畝を低くし30㌢の傾斜をつけた。色鮮やかなパンジーやビオラなど計770株を植栽した。散歩やランニング中の人が、立ち止まり写真を撮って楽しんでいる。

花文字で地域を元気にしたいと意気込みます

2018年2月14日水曜日

2018年度 野菜苗価格表

2018年度 野菜苗価格表※4/20頃販売予定

品  名品種鉢の色売単価(税込)
早生茄子(接木)筑陽シルバー213
晩生茄子(接木)庄屋大長213
丸茄子(接木)三豊大丸213
キュウリ(接木)夏すずみ182
大玉トマト(接木)ホーム桃太郎182
強力米寿182
ルネッサンス186
中玉トマト(接木)フルティカ186
ミニトマト(接木)千果186
オレンジ千果オレンジ188
ピンキー210
キラーズシルバー210
アイコピンク187
イエローアイコ197
プリンスメロン(接木)プリンス 171
白ウリ(接木)たから越瓜171
大玉スイカ(接木)縞王180
キャノンボール180
小玉スイカ(接木)紅しずく176
かぼちゃ(実生)えびす108
栗えびす108
小菊シルバー105
九重栗108
ピーマン(実生)京波105
ピー太郎105
とんがりパワーピンク105
シシトウ(実生)葵シシトウ105
カラシ(実生)鷹の爪105
甘長トウガラシ(実生)甘とう美人105
カラーピーマン(実生)ソニアゴールド144
ソニアレッドオレンジ144
オクラ(実生)アーリーファイブ105
エメラルドグリーン105
にがうり(実生)沖縄中長140
モロヘイヤ(実生) 105
アスパラガス(実生)ウェルカム107
晩生茄子(大)(接木)庄屋大長300

2018年2月13日火曜日

【浮穴】発酵期間と完熟度合が鍵

南さんの牛糞堆肥が好評!


 松山市南高井町の黒毛和種の肥育農家・南耕一さん(60)が作る、牛糞堆肥の評判が上々だ。自身が育てる牛の糞や県内の和牛農家から仕入れた糞、スギやヒノキなど国産木材のオガクズのみを使うことにこだわり、栄養価の高い堆肥に仕上げている。
JA松山市を通して一袋20㌔を430円(税込)で販売。バラ売りは2㌧1万7,380円(税込)で、南さんが生産者の圃場へ堆肥を届ける。年間400㌧ほどを取り扱う。

 南さんは伊予市の堆肥場で、7~8ヵ月間かけて、堆肥を15回切り返し発酵させる。その後は自宅近くの堆肥場に持ち帰り、水をまき水分量を調節しながら、さらに切り返して完成させる。南さんは「時間をかけて発酵させ、しっかり完熟した堆肥に仕上げている」と話す。

 数多くの固定客がおり、「他の堆肥よりも野菜の生育が良いし、甘みが出る」と好評だ。

南さんが作るこだわりの牛糞堆肥には、多くのファンがいます

2018年2月8日木曜日

【共済部】接客スキルの質を競う

県大会で優秀賞に輝く


 御三戸支所の松岡真帆職員は1月15日、JA松山市の代表として、県下12JAの共済担当者(スマイルサポーター)が接客スキルと顧客満足度の向上を目指して競う「ロールプレイング大会」に出場し、優秀賞を受賞した。
聞き取りやすい声で、目を見ながら笑顔で話す姿が評価された。

同大会は持ち時間12分間の中で、共済タブレット端末「Lablet’s(ラブレッツ)」を使い、自動車共済の加入者へ保障内容の拡充を提案する。松岡職員は、契約者と一緒に現在の契約内容を確認した後、不十分な保障がもたらすリスクや保障をグレードアップした際の掛け金を説明した。

共済窓口を担当して3年目になる松岡職員。自動車共済の継続対応では、拡充した保障プランを3通り用意するなど契約者に合わせた提案に努めている。


専門用語を使わず、分かりやすい言葉で説明する松岡職員

2018年2月5日月曜日

【レタス部会】トップセールスでPR

奈良でレタスの販促!


 レタスの消費拡大を目指し、レタス部会は12月下旬、出荷先の奈良県でトップセールスを行った。
同部の相原啓司部会長をはじめ、岡本靖松前町長やJA松山市の岡田明夫常務などが奈良中央青果㈱を訪れ、市場関係者に産地の現状を紹介し、ピーアールした。

 今年は寒波や悪天候の影響で、全国的にレタスの数量が激減し、品薄状態が続いている。市場関係者は「JA松山市のレタスは品質が高く、適期収穫で重量も十分だ」と期待する。
 同部会は「台風などの影響もあり、圃場準備や定植が遅れた。細やかな潅水や追肥などで対応している」と話した。

 同部は今年度、48人がおよそ13.7㌶でレタスを栽培する。2月上旬頃に最盛期を迎え、5月上旬にかけて、奈良や地元市場に342㌧を出荷する予定だ。

トップセールスを行い、消費拡大を目指します


2018年2月2日金曜日

【営農】米や裸麦の等級つける

農産物鑑定会で技術向上


 JA松山市は1月19日、営農センターで農産物検査員鑑定会を開いた。

検査員の資格を持つ、営農指導員や購買担当者など職員計13人が出席。検査員の鑑定技術の向上を目指そうと、米や裸麦の等級検査と筆記試験を行った。

同JAは、森松倉庫や昌農内倉庫、久万ライスセンターなど計8ヵ所で、米や裸麦の入庫時期に等級検査を行っている。定期的に検査員鑑定会を行うことで、入庫時の検査基準の統一を図っている。

 鑑定会は、国内産の水稲うるち玄米40点、水稲もち玄米10点、裸麦10点の計60点の等級検査と、米10点の品種鑑定を行った。職員は、カルトンに並べた玄米や裸麦を目視で確認した。整粒歩合や未熟粒、カメムシなどの病害虫被害、形質などから判断した。米は1~3等級および規格外に、裸麦は1~2等級および規格外の等級をつけた。

検査員の資格を持つ職員が、目視で米の等級を確認します

このページの先頭へ