2017年11月16日木曜日

【JA】 台風21号・過去最大の被害

早期に復旧作業進める


 10月下旬の超大型の台風21号により、当JA管内では農業用ハウスの倒壊やビニールが破損したほか、収穫を控えた農作物が倒伏するなど、被害が相次いだ。生産者は早期の復旧作業に取りかかっている。

 久万高原町では、トマトの生産者の約半数に当たる51人のハウスおよそ359㌃が被害を受け、一部で全壊したハウスもみられる。平野部で被害が大きい白葱は、12月中旬から収穫を控えているが、栽培面積およそ5.4㌶のうち2㌶で白葱が倒伏し、被害額は530万円に上る。

 余土地区で栽培する10㌃の白葱全てが倒伏した木村建治さん(30)は、手作業で倒れた白葱を起こして株元に土を寄せ、株の両脇にマイカー線を張り応急処置を施した。木村さんは「順調に生育して品質が良かったのに悔しい。でも、まだ諦めてない。なので必死に作業して、今後も管理に力を入れる」と最善の策を尽くす。

倒れた白葱の株元に土を寄せ応急処置を施す木村さん

2017年11月14日火曜日

【明神】 女性部が国体盛り上げ

トマトジュースを配る


女性部明神支部は10月2日から3日間、久万高原町ラグビー場で、えひめ国体の選手や応援者に、1日100杯限定で同町産のトマトジュースを無料で提供した。
国体を盛り上げるとともに、特産品のトマトのピーアールにつながり、人気を集めた。

同支部のメンバー3人は、生産者が育てたトマトを使い、同町で加工品作りを手がけ専用の機械を所有するトマト農家・露口由美子さんと協力して、計15㍑のトマトジュースを用意した。完熟トマト100㌫のジュースは、添加物を一切入れず、トマトそのものの味に仕上げた。
応援に訪れた人は、「トマトの濃厚な味がおいしい」「トマトは苦手だけど、このジュースは飲める」と笑顔こぼれた。

 同支部の正岡博美支部長は「全国各地から来られた方との会話も弾み、たくさんの元気をもらった」と話した。




トマトジュースでおもてなしをする女性部のメンバー

2017年11月10日金曜日

【JA】えひめ国体表彰式

久万清流米を選手へ贈る


「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体・えひめ大会」を応援しようと、オフィシャルスポンサーを務めたJA松山市は、競技開催地である久万高原町の特産品をピーアールするため、副賞を用意した。ラグビーの成年男女の優勝と準優勝、MVP選手に久万高原清流米と同町産のトマトを贈呈した。

副賞は、男女合わせて清流米『コシヒカリ』を計200㌔と、同町産トマト『桃太郎』を計16㌔贈った。
10月3日に、同町のラグビー場で行われた成年男子の決勝戦では、愛媛県と東京都が対戦し、愛媛県は惜しくも敗れた。優勝した東京都の選手は「久万のお米を食べて、強くて大きい体作りをします」と喜んだ。

 森映一組合長は「自慢できるおいしいお米です。活力をつけてこれからも頑張ってください」と激励した。

優勝した東京都のラグビー選手に特産品を贈りました




森組合長から副賞を受け取る成年女子で優勝した福岡県のMVP選手



会場にはオフィシャルスポンサーの幕が掲げられていました


2017年11月8日水曜日

【川上】第1回わなげ大会を開催

会員同士の〝輪〟を深める


JA松山市の年金友の会川上支部は10月11日、スポーツを通じて会員同士の交流を深めようと、同JA川上支所の2階会議室で、第1回目のわなげ大会を開いた。
会員60人が参加し、熱戦を繰り広げた結果、団体の部で奥松瀬川(おくませかわ)チーム、個人の部で村尾君江さんが優勝に輝いた。

同大会は、男性は4㍍、女性は3㍍離れた所から一人9個の輪を投げ、合計得点を競った。輪が入った棒の点数に加え、さらにビンゴが揃うとボーナス得点もあり、会員らは高得点を狙った。点数が高い棒に輪が入ると拍手や歓声で盛り上がりをみせた。

年金友の会川上支部長の成川耕造さんは「簡単そうに見えて、意外と難しい」と話した。
同支所の竹内浩支所長は「会員の皆さんへ、日頃の感謝の気持ちを込めて企画した」と話し、会員拡大に向けて来年も開催する予定だ。



一投、一投に狙いを定めます


2017年11月6日月曜日

【年金友の会】年金友の会員を無料招待

天童よしみさんの歌声に圧巻!


JA松山市は10月23、24日の両日、松山市道後町のひめぎんホールで、年金友の会の会員を招待し、「天童よしみコンサート」を開いた。およそ8,200人の会員が、2時間のコンサートを楽しんだ。

コンサートは昼と夜の部の計4回行い、天童さんは、自身の代表曲である「珍島物語」や「あんたの花道」など計18曲を熱唱。来場者は手拍子を送り、会場が一体となって盛り上がった。また、巧みなトークで来場者を楽しませ、会場が笑いに包まれた。来場者は「生の歌声を聞けて良かった。感動した」と微笑んだ。
コンサート終了後には、CDやDVD、フォトブックなどを販売し、買い求める客で行列ができた。

当JAは2年に一度、当JAで年金を受け取ってい人を対象に、年変わりで観劇などに無料で招待している。



綺麗な紫色の衣装で登場した天童よしみさん

2017年11月2日木曜日

【農業塾】12月の収穫に向けて

レタスとブロッコリーを定植


第6回目の農業塾は10月11日、松山市居相の圃場で開き、レタス『スターレイ』とブロッコリー『ファイター』の定植や、白葱の土寄せをした。
また塾生は、各自が育てるカブやニンジンなどの冬野菜の生育を確認し、間引きや除草をした。

塾生15人は、レタスを定植するため、手分けして肥料を施した後、畝を立てマルチを張った。深植えにならないよう注意しながら、4条まきでおよそ200本を定植した。今後、病害虫の発生に注意して防除し、12月頃に収穫を迎える予定だ。また、ブロッコリーも200本定植し、倒伏を防いで、根張りを良くするため、土寄せをしていく。
作業前には、同塾を卒業後も野菜作りを続け出荷してもらおうと、塾生らはJA営農指導員から市場の流通の仕組みや、産直市の販売方法を教わった。

 
深植えに注意しながらレタスを定植します




このページの先頭へ