2018年2月22日木曜日

【西雄郡】亜熱帯気分味わう

松山で「スターフルーツ」収穫!


 松山市土居田町で造園業を営む永木功(いさお)さん(64)は、自宅横のハウスで亜熱帯フルーツ『スターフルーツ』を育てている。
2月上旬にかけて食べ頃を迎える。2㍍以上に育った樹には40個ほどの実がなり、親族や近所に配って“珍味”を楽しんでもらっている。

 スターフルーツは、その名の通り星型の果実だ。洋食では、輪切りにしてサラダに使われていることが多いという。

 永木さんは8年前、「実がなる植物はおもしろいけん、育てたい」と、沖縄県からスターフルーツの苗木を取り寄せ、ハウス内に地植えした。翌年、挿し木して鉢で育て、3年経った頃から収穫できるようになった。4月下旬から10月下旬はハウスの外に出し日光を当て、追肥や潅水、摘果をする。

永木さんは「甘酸っぱいけん、サラダに入れたらアクセントになっておいしい」と話す。

「今年はきれいにできた」とスターフルーツを手にする永木さん

2018年2月19日月曜日

【ごご島共撰部会】2L中心、750㌧出荷

市場も高評価のイヨカン!


 イヨカンの生産者で組織する、ごご島共撰部会は2月上旬、イヨカンの選果がピークを迎えている。

 松山市泊地区(興居島)の同JAごごしまセンターでは、日量最大8㌧を選果する。2Lサイズを中心に、奈良や大阪、名古屋の3県4市場に、3月上旬にかけて750㌧(前年比111㌫)を出荷する予定だ。

 同部は今年度、泊・鷲ヶ巣地区の62人が、40㌶でイヨカンを栽培。酸が低く食べやすいイヨカンに仕上がっている。品質が統一した高品質なイヨカンを出荷するため、生産者が庭先選別したものを、同センターのベテラン作業員が再度、病気や傷の有無などを目視で確認し、選別する。

同部会の中川保共撰長は「正品率が7割以上と高く、品質・味ともに良い。市場からも高評価を得ている。
後継者が3人増え、若い力とともに頑張っている」と自信を見せる。

イヨカンの傷の有無などを目視で確認し、選別するベテラン作業員

2018年2月16日金曜日

【南部】地域全体で意識向上

遊休農地を花で彩る!


景観の維持や、生活環境保全の取り組みの一環として遊休農地を活用し、地域を活気づけたい―松山市高井町の高井農地維持保全会が取り組む、白色の葉牡丹100個を使った「たかい」の花文字が地域の人の目を楽しませている。

4月上旬にかけてパンジーやチューリップが咲き誇る。今後は看板を立て、活動内容を紹介し、「見える化」を図っていく予定だ。

 同保全会は、会長の池水武光さんを筆頭に、農業者を中心に地域全体で組織する。国の多面的機能交付金を活用し、3年前から花を植え、昨年から花で文字を作り始めた。

 植栽する圃場はおよそ8㌃。「たかい」の文字が見えるように、車道側の畝を低くし30㌢の傾斜をつけた。色鮮やかなパンジーやビオラなど計770株を植栽した。散歩やランニング中の人が、立ち止まり写真を撮って楽しんでいる。

花文字で地域を元気にしたいと意気込みます

このページの先頭へ