2017年8月10日木曜日

【シンテッポウユリ】40万本出荷

盆や彼岸にユリ最盛

川上選花場で、盆や彼岸の需要期に向けて、シンテッポウユリの荷受けが本格化している。春先の低温や、降雨不足で例年より生育は遅れているが、潅水や病害虫防除を徹底したことで、良質なユリが生育している。11月中旬にかけて中四国市場や阪神、中部方面へ40万本を出荷する予定だ。 

今年度は浮穴・岡田・北伊予・松前・川上地区の27人が、およそ1.9㌶でシンテッポウユリを栽培する。最盛期は、日量2万本を選花する。

生産者らは朝や夕方などに収穫したユリを、輪数や長さごとに選別。出荷するまで水につけ、鮮度を保つ。選花場ではベテラン作業員が、つぼみの大きさや、病気・奇形の有無などから判断し、13等階級に手選別する。

荷受けしたユリを選別し、束ねるJA職員

2017年8月9日水曜日

【トマト部会】酸味と甘みのバランス良し

トマトが出荷最盛!

久万高原トマト部会は8月上旬から下旬にかけて、トマトの出荷最盛期を迎えている。6月上中旬の夜温が低く、例年よりも生育は遅れているが、酸味と甘みのバランスの良い仕上がりだ。日量最大32㌧を選果し、11月中旬にかけて四国市場や京阪神方面へ1600㌧の出荷を見込む。6億4000万円の販売高を目指す。

同部は同町の93人がおよそ20㌶で、トマト『桃太郎サニー』『桃太郎エイト』『桃太郎セレクト』をハウスで栽培する。愛媛県が定める基準よりも3割減農薬・3割減化学肥料栽培に取組むなど、安全・安心なトマトを消費者に届ける。

同町直瀬のさん(43)と芽衣子さん(44)夫妻は「うま味と香りが良く、甘味と酸味のバランスがとれた濃厚なトマトができた」と話す。

連日の収穫作業に汗を流す、就農4年目のさん夫妻

2017年8月8日火曜日

【JA】職員の意識改革へ

自己改革を周知徹底

農業者の所得増大や農業生産の拡大、地域の活性化を目指し、自己改革を進めているJA松山市は、職員に対して、自己改革の周知徹底を図ろうと動き出した。窓口や購買担当者会など、大勢が集まる機会に、役員が講師となり研修を行う。職員一人ひとりが理解を深めて意識改革を図り、JAの使命を全うしていく。

6月28日には初めて、購買担当者会で研修を行った。各支所・出張所の担当者37人が出席。講師の岡田明夫常務は、生産資材の予約率向上や予約肥料の支所での取引に対する値引きについては、農家と直に接する購買担当者が重要な役割を果たすと強調した。購買担当者は「さらに理解が深まった。自分の支所の地域特性に合わせ、できることを行う」と話した。

岡田常務は「農家が実感できる自己改革を進める」と呼び掛けました

このページの先頭へ